ダイアモンド・ウェイの仏教指導者

チベット仏教カルマ・カギュ系統の最高位は、ギャルワ・カルマパです。当師はチベットの偉大なラマたちの間でも珍しく、何世紀も前より悟りを開いています。前身は、歴史上実在した仏陀に寄り添われた偉大な菩薩様(チベット語:チェンレジ)でした。1110年以降、当師は、チベット仏教において最初に認められたラマの生まれ変わりとなり、意識的な生まれ変わりを繰り返しています。現在は、カルマパ・ターエ・ドージェ17世がカルマ・カギュ系統の最高位についています。

ギャルワ・カルマパ16世、ランジュン・リグペ・ドージェ

カルマパ16世、ランジュン・リグペ・ドージェ(1924 -1981)は、東チベットのデージェ省で生まれました。前身のカキャブ・ドージェ(1871-1922)は、次回の生まれ変わりを手紙に記述していました。ツルプ僧院の権威者たちは、その手紙をもとに生まれ変わりの子供を見つけ出すことができました。

1931年に、この若い生まれ変わりは見習い僧となり、カルマパの式服および、黒帽を捧げられました。

カルマパは4年間ツルプ僧院にて学び、経典、タントラ、マハムドラおよび、『ナロパによる6つの教え』の瞑想による気付きを深めました。幼い頃から生まれつき備わった並外れた見識を見せ、彼の師たちに過去の生まれ変わりをよく話していました。カルマパは23歳の時、最後の戒を授けると同時に、カルマ・カギュの最高位の教えを伝授しました。

1959年、中国共産主義によるチベット侵略により、カルマパは国外への逃亡を決意しました。これは、中国共産主義の益々強くなる支配力から、仏教の教えを守る最良の方法という認識の下でした。それに伴い、伝統的にカルマパの家とされてきたツルプ僧院を去り、ラマ、僧侶、平信徒を含む160人と共にブータンへと移りました。カルマパの指示の下、何世紀にもわたってツルプ僧院にて保管されていた最も貴重な儀式用の品々、遺物、タンカや本なども持ち出すことに成功しました。

北西インドのシッキム州知事は、カルマパ9世、ウォンチュック・ドージェ(1556 -1603)の時代に建設されたギャルワ・カルマパ・ルムテク僧院を提供しました。カルマパはルムテクにて新僧院に着手し、インド政府およびシッキム州による惜しみない援助により、4年間で完成させました。この新僧院は、チベット外におけるカルマパ公式所在地となると同時に、仏教の学び、儀礼および修行の中心地となりました。

1974年には、カルマパ16世は欧米やカナダを訪れました。これは西欧人にとって、初めての黒帽儀礼への参加機会となりました。このカルマパの黒帽儀礼は何度にもわたって行われています。1974年12月には、彼にとって最初の西欧人の弟子であるオラ・ニダルとハナ・ニダルに招待され、デンマークのコペンハーゲンへも訪れました。

1976年には、カルマパは米国ツアーのためニューヨークを訪れ、翌年には、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、オランダ、フランスおよび、イギリスを訪問する6ヶ月間におよぶツアーを行いました。

1980年の5月には、カルマパは再び西欧を訪れ、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコおよび、コロラドのボルダー郡に、公演のため滞在しました。

ギャルワ・カルマパ16世、ランジュン・リグペ・ドージェは、1981年11月5日にシカゴ近くの病院で亡くなりました。

ウェブサイト: www.karmapa.org

ギャルワ・カルマパ17世、トリンレイ・ターエ・ドージェ

ギャルワ・カルマパ17世、トリンレイ・ターエ・ドージェは1983年5月6日にチベットで生まれました。偉大なるニンマ派のラマ、ミパン・リンポーチェと、ゲサル王の子孫との間に長男として授けられました。彼は1歳半にして、カルマパであることを人々に伝え始めました。1994年に、彼は家族と共にチベットからネパール、そしてインドへと国外逃亡を果たしました。同年3月には、ニューデリーへと到着し、シャマー・リンポーチェの歓迎式典の最中に、ギャルワ・カルマパ17世と正式に認められました。カルマパ17世へは、トリンレイ(仏陀の働き)・ターエ(無限)・ドージェ(不変)の名が与えられました。

1997年、カルマパ17世は、ブータンで開催されたトプガ・リンポーチェの式典に正式に招待され、正式に即位しました。何千におよぶ人々による歓迎に出迎えられため、ブータン国境から首都ティンプーへの移動は、通常所要時間3時間のところ、7時間を要しました。1997年10月17日、カルマパ17世による加護を受けるため、3千人の人々および、王や4人の女王を含む王家も駆けつけました。

1999年10月年、ギャルワ・カルマパ17世は最初の国際教義ツアーを開始し、シンガポールおよび、台湾の数千の人々に教えを伝授しました。翌年、西欧への訪問も果たしました。ドイツのデュッセルドルフでは、世界30カ国以上に所在する数百のダイアモンド・ウェイ・ブディスト・センターから集まった6千人もの生徒たちにより、カルマパは熱狂的に迎えられました。

2003年の夏、カルマパ17世は、米国において、加持と教えを含む初の正式プログラムを実施しました。2003年7月19日、20日に、サンフランシスコおよび、カルフォオルニアにおいて、カルマ・パクシおよび薬師如来加持を与えました。当イベントは、米国のダイアモンド・ウェイ・ブディスト・センターによって開催されました。

2003年12月、正規の教育を終了した後、カルマパ17世は『偉大なタントラ指導者』(skt. Vajracharya) として認められました。現在、カルマパ17世はインドのカリンポンに住み、修行および、西欧教育の勉学を継続して行っています。

ウェブサイト: www.karmapa.org

シャマパ14世、ミパム・チョクィ・ロドロ

チベット仏教カルマ・カギュ系統の階層において、阿弥陀仏、クンジ・シャマー・リンポーチェの流れは、ギャルワ・カルマパに次ぎます。初代シャマー・リンポーチェ、ケドゥルプ・トラクペ・センゲ(1283-1349)は、カルマパ3世、ランジュン・ドージェの主要な弟子でした。最初の生まれ変わりであるカチョ・ウォンポは、カルマパ4世、ロルペ・ドージェによって、カルマパの黒帽の寸分の違いもない複製物である赤帽を授けられました。カルマパは赤帽と共に、彼に名前『シャマパ-赤帽を被る者』を授けました。それ以来、カルマ・カギュの教えは、何世紀にもわたって師と弟子を交替する黒帽と赤帽の二人のカルマパを伝えています。彼らの精神を切り離すことはできません。

クンジ・シャマー・リンポーチェ14世、ミパム・チョクィ・ロドロは、カルマパ16世の甥として、1952年にチベットのデージェ省で生まれました。彼は6歳の時、シャマパの生まれ変わりとして見なされ、チベットのシャマパの家とされるヤン・チェン僧院に連れて行かれました。彼は9歳の時、カルマパ16世と共にインドのシッキム州へとチベットから亡命を果たしました。カルマパ16世の指導の下、その地で生活し、仏教の教えを学びました。

シャマー・リンポーチェは、シッキム地方のルムテク僧院にて、カルマパ16世から全てのカルマ・カギュの教えと伝承を教わりました。カルマパが亡くなった後、インドのニューデリーにてカルマパ国際仏教大学院の完成に着手しました。1994年3月、彼は、トリンレイ・ターエ・ドージェをギャルワ・カルマパ17世として公式に認めました。

2014年6月11日に、シャマー・リンポーチェは亡くなりました。御年62歳でした。彼のヨーロッパにおける公式所在地であるドイツのウルム地方レンチェンにて、数日間にわたる最後の教えを完了したばかりでした。亡くなる数日前の最後の教えでは、「没後での練習の仕方を知っていれば死を恐れる必要はない。」と言い残しました。

ウェブサイト: www.shamarpa.org

ロポン・ツェチュ・リンポーチェ

ロポン・ツェチュ・リンポーチェは1918年にブータンで生まれました。13歳になるとブータンを去り、ネパールに住む彼の叔父ラマ・シェラブ・ドージェの指針の下で学び、修行を行いました。彼は仏陀の教えの養成を完了し、ミラレパの洞窟やグル・リンポーチェの聖域などの過酷な条件の下、瞑想を行いました。

1944年、リンポーチェは彼にとって最も重要な師の一人となるギャルワ・カルマパ16世に出会いました。その後数年間で、ロポン・リンポーチェは、ネパールで仏陀の教えを学ぶものにとって重要人物となりました。1987年には、彼の最初の西洋人の生徒であるラマ・オラ・ニダルとその妻ハナの招待によりヨーロッパに訪れました。それ以降、広範囲にわたりヨーロッパ、米国およびオーストラリアのすみずみまで訪れ、仏陀の教えを何度も伝授しました。スペインにてカーラチャクラ・ステューパ建設および、他ヨーロッパおよびアジア地域にて、残りの16のステューパ建設を完了させました。

ロポン・ツェチュ・リンポーチェにとって最後のプロジェクトとなったスペイン、べナルマデナの悟りステューパは彼の残した偉業の内、最も貴重なものです。リンポーチェは2003年6月10日に85歳で亡くなりました。この偉大なるプロジェクト落成の4ヶ月前のことでした。人々は彼の大きな慈悲の力を感じ、この力は生きとし生けるものに恩恵をもたらしています。

シェラブ・ギャルツェン・リンポーチェ

シェラブ・ギャルツェン・リンポーチェは、マントラ『Om Mani Peme Hung(オーム マニ ペメ ホン』を少なくとも10億回以上を成し遂げたChenrezi practice(観音菩薩の修行)の指導者に与えられる『Maniwa(マニワ)』として名高いカギュ系統のラマです。カルマパ16世によりリンポーチとして叙任しました。並外れて優秀な弟子であり、経典、タントラから儀式や音楽、更には科学に至るまで、伝統的な仏陀の教えをあらゆる側面において習得しました。

彼は多くの活動を行っており、その中でもリンポーチェは、ファーピンに位置する3年間の瞑想施設における瞑想の指導者です。彼はカトマンドゥの西部に100人の尼を収容できる僧院の建設および、監督を行い、首都東部においては、僧侶のための僧院建設計画も進行中です。リンポーチェは年に数回、スワヤンブナートのニシャン僧院にて、数千人にのぼる修行者を『Nyoung-neおよびChenrezi(観音菩薩)』の修行に導きます。数年にわたり150億回を超えるChenrezi(観音菩薩)マントラが唱えられます。

リンポーチェの教えは深く、単刀直入でわかりやすいです。彼の教えは、実用的なアドヴァイス、ストーリーや温かいユーモアに富んでおり、運よくその教えを聞くことができた人々の心に強い印象を残します。

ラマ・オラ・ニダル

ラマ・オラ・ニダルは、カルマ・カギュ仏教の伝統において、ラマおよび、瞑想の師として充分な資格を持つごくわずかな西欧人のうちの一人です。ほぼ毎日別の都市に訪れ、仏陀の教えを伝えています。

1969年、オラ・ニダルと彼の妻ハナは、ギャルワ・カルマパ16世にとって、最初の西欧人の弟子となりました。三年間におよぶ仏教哲学の習得および、意図的な死(tib. Phowa)と呼ばれるダイアモンド・ウェイ仏教独特の修行伝達を含む集中的な瞑想修行を完了した後、カルマパ16世の要請により、オラ・ニダルはヨーロッパにて伝法を開始しました。ラマ・オラは、伝法のため世界中を訪れ、ほぼ毎日異なる都市にてカギュ系統の加護を伝えています。彼の講演および瞑想修行において、彼の深い知識および、力強い教えは何千人にもの人々に影響を与えています。

人々の持つ人生の概念および、仏教への型破りな方法での挑戦など、ラマ・オラは西欧への仏教伝達において重要な立役者となってります。今日に至るまで、彼の持つ特別なインスピレーションは、世界44カ国にわたり、600以上のダイアモンドウェイ・ブディズム・センター設立という結果をもたらしました。現代様式と先人の知恵の独創的な統合は、西欧においてダイアモンドウェイ・ブディズムを修行する多数の生徒を生み出しました。

ラマ・オラは次の本の著者です:The Way Things Are; Entering the Diamond Way; Mahamudra; Riding the Tiger(全てドBlue Dolphin出版、 米国); and The Great Seal (Fire Wheel出版、 米国)。

ウェブサイト: www.lama-ole-nydahl.org

ラマ・ジグメ・リンポーチェ

ラマ・ジグメ・リンポーチェはカルマパ16世一家に、クンジ・シャマー・リンポーチェの兄弟として生まれました。カルマパ16世は彼に幅広い教えを伝え、最初の西欧訪問の後、自身の代理として彼を西欧に残しました。それ以降、ジグメ・リンポーチェはヨーロッパにおけるカルマパの公式所在地であるフランスのダポ・カギュ・リンを指導しています。

彼の組織力に加えて、ラマとしても名高いです。多くの人々が彼の知識、西欧のライフスタイルに対する理解、実践知、思いやりやユーモアにより恩恵を受けています。

Share on social media: